相模原税理士雑記⑤

query_builder 2021/11/19
お知らせ
わたる

2021.11.19(金)


 DX、DXと、文字面だけは昨年あたりから業界では話題になっている言葉だったが、2022.1.1からはじまる「電子帳簿保存法」の改正によって、より会計事務所・税理士事務所は意識していく言葉だろう。


 「デジタルトランスフォーメーション」。「デラックス」ではなく。

「トランスフォーメーション」なら、なぜ「X(エックス)」なのだろうとかは置いといて、意味としては「取引」「証憑」「帳簿」「保存」がすべて電子化していく。言い換えると「紙媒体ではなくなる」ということ。

 改正された電子帳簿保存法でも完全に紙媒体がなくなるのではなく。 「原始資料が紙媒体でないものは、紙媒体に出力しても証明力がない(すくない)ですよ」という意図。


わたしは業界では若い方ではあるが、それでも大変だよ(涙)

AI・ITは味方ではあるが、自ら寄り添わないと敵になってしまうのですね…


相模原市中央区の税理士。 相続相談・副業相談の梨井俊税理士事務所へ。

NEW

  • 相続相談・副業・個人資産形成サポートの梨井俊税理士事務所

    query_builder 2020/10/09
  • 相模原税理士雑記⑩

    query_builder 2021/12/08
  • 相模原税理士雑記⑨

    query_builder 2021/12/03
  • 相模原税理士雑記⑧

    query_builder 2021/12/01
  • 相模原税理士雑記⑦

    query_builder 2021/11/24

CATEGORY

ARCHIVE