相続の必要書類!? 法定相続情報一覧図ってなに?作り方ともらい方。自分でやりたい相続税申告

query_builder 2020/09/13
相続について/自分でやりたい相続税申告
聞いたことない

ブログで相続手続きをサポート!!

身内に相続が起こってしまって大変!?ところで戸籍の代わりに使える法定相続情報一覧図って何?
この記事では人生では何度も経験はしない相続税についての役立つ情報をお伝えします。

〇法定相続情報一覧図とは?

法定相続情報一覧図とは、亡くなった人(被相続人)の法定相続人がだれになるのかを法務局登記官が教えてくれる書類です。
平成29年5月から運用が開始されましたが、運用当初は法務局側でも不慣れな事が多く、法務局によって必要と言われたり不要と言われたりと、混乱している時期がありました。

そして、当初は法定相続情報一覧図を実際に使用できるのが相続登記だけだったのですが、いまでは、亡くなった方の預金の名義変更や相続税の申告についても、戸籍の代わりとして使用できるようになりました。

これのいいところは

「一回作ってしまえば」申請時も発行時も手数料は0円で、繰り返し発行してもらうことができます。 また、複数発行してもらってもお金はかかりません!!

今後ますます利用できる機関が増えれば、相続手続きを進める上で、取得必須の書類になるかもしれません。

〇「一回作ってしまえば」って!?

便利な法定相続情報一覧図なのですが、「作るために結局戸籍は必要です(汗)!!」
順番としては戸籍をそろえてから法務局に申請します!!

法定相続情報一覧図を取得する場合、戸籍の収集をはじめ、戸籍が揃ったら相続関係を一覧図にする必要があり、図の作成はパソコンを使って作成するのが一般的ですが、手書きで書いても要件を満たしていれば問題ありません。

また、戸籍の収集ができ、家系図のような一覧図を書くことができるようであれば、申請自体はそう難しいことではありません。

法務局への申請書は、法務省HPでダウンロードできますし、作成する一覧図の見本も見ることができます。
必要書類の収集や作成が終わったら、法務局へ申請をしますが、どの法務局でも自由に選べるわけではなく、申請できる法務局は、これらの登記所のいずれかです。

・被相続人の本籍地
・被相続人の最後の住所地
・申出人(相続人)の住所地
・被相続人名義の不動産の所在地

法務局への申請は郵送でも可能ですが、急いで作成したい方は、直接最寄りの法務局へ持ち込んで、申請や相談をされるのが良いでしょう。法務局の方はおおむね丁寧に教えてくれます(笑)。

〇一度作れば便利

戸籍それ自体は「相続の必要書類!? 戸籍謄本の取り方と必要枚数。」の記事でお伝えしましたが場面や場合によってそれぞれ必要です。

これらは原本の提出が必要であったりコピーで対応してもらったりで、財産や相続人が多い場合、本一冊くらい必要だったりもします(笑)  

一度作ってしまえばおおむねどこでも使える法定相続情報一覧図。 まずは必要な手続きすべて法定相続情報一覧図で対応できるか確認しましょう!!

相模原市中央区の税理士。梨井俊税理士事務所では、相続税申告ほか生前対策など相続についてのご相談にできる限りわかりやすい言葉でお伝えできるよう心がけています!!


・必要書類の概要についてのブログに戻る

NEW

  • 相続・副業サポートの梨井俊税理士事務所

    query_builder 2020/10/09
  • 「取引相場のない株式」って?おしえて相続の先生⑪

    query_builder 2020/11/02
  • 自分でやりたい生前対策・相続対策:追記~現金を残すこと。

    query_builder 2020/10/22
  • 相続サポートブログをはじめた理由⑤

    query_builder 2020/10/06
  • 相続サポートブログをはじめた理由④

    query_builder 2020/10/05

CATEGORY

ARCHIVE