相続税の申告期限っていつ?自分でやりたい相続税申告

query_builder 2020/09/15
相続について/自分でやりたい相続税申告
いつまで

ブログで相続手続きをサポート!!

身内に相続が起こってしまって大変!?ところで相続税の申告っていつまで?

この記事では人生では何度も経験はしない相続税についての役立つ情報をお伝えします。

〇相続税の申告期限は10か月!?  

難しい例外は省いてざっくりとお伝えしてしまうと、相続税の申告期限は、その方が「亡くなってから10か月以内」です。  
10か月といえば1年近くあるのですが割と悠長に構えてると、あっという間です。

子供のころに、まだ「相続」なんて言葉もよくわからず親戚がなくなったとき、気づいたら10か月だったと思います。 これがいざ自分の父母となると、
お葬式の準備にてんやわんや、信心の強い親族に押されて四十九日の法要・お墓の契約とやらなきゃいけないことはたくさんあります。 一段落してから兄弟と「じゃあ財産どうする」となってから「あれがほしいこれがほしい」となってしまうと、実は10か月なんてあっという間です!!

〇10か月の例外  

おおくの場合はみんな10か月です、例外としては
「災害等で大変だったので税務署が災害がおさまってからしばらくに延長してくれる」
「そもそも亡くなったことを知るまでに時間がかかっていた」 くらいです。

この記事にお目通しいただいたみなさんは、「とりあえず10か月なんだ」で準備をしておきましょう。 間に合わなかった場合でも税務署から金額の決定(すごく珍しいです)があるまでは、自主的に申告できます。延滞税と加算税とは支払いますが、むしろこういった場面こそしっかりと税理士に関与してもらって、適正で合理的な範囲で節税して延滞税と加算税とを支払えるだけの申告内容をご相談してください。

〇一般的にはなんて言われているの?  

最初に「ざっくりと」と言いましたが、では一般的にはどういった表現なのか、 以下は国税庁のホームページから引用しました。

“ 相続税の申告は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行うことになっています。  例えば、1月6日に死亡した場合にはその年の11月6日が申告期限になります。  なお、この期限が土曜日、日曜日、祝日などに当たるときは、これらの日の翌日が期限となります。申告期限までに申告をしなかった場合や、実際に取得した財産の額より少ない額で申告をした場合には、本来の税金のほかに加算税や延滞税がかかる場合がありますのでご注意ください。”
このように「知った日」をスタートとしているので、災害等の場合にはすこし優しくしてくれているんですね。
(引用元:国税庁ホームページ)

相模原市中央区の税理士。梨井俊税理士事務所では、相続税申告ほか生前対策など相続についてのご相談にできる限りわかりやすい言葉でお伝えできるよう心がけています!!

NEW

  • 相続・副業サポートの梨井俊税理士事務所

    query_builder 2020/10/09
  • 「取引相場のない株式」って?おしえて相続の先生⑪

    query_builder 2020/11/02
  • 自分でやりたい生前対策・相続対策:追記~現金を残すこと。

    query_builder 2020/10/22
  • 相続サポートブログをはじめた理由⑤

    query_builder 2020/10/06
  • 相続サポートブログをはじめた理由④

    query_builder 2020/10/05

CATEGORY

ARCHIVE