生前対策⑤養子までとる!?

query_builder 2020/09/21
相続について/自分でやりたい生前対策・相続対策
養子

ブログで相続サポート!!

身内に相続が起こってしまってからでは大変!?

この記事では人生では何度も経験はしない相続税についての役立つ情報をお伝えします。

養子とれば相続税やすくなるんですか?



相続税には、基礎控除額という、世帯的に相続税がかからない遺産総額のラインがあることは以前の記事で更新しました。



相続税の基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数 という計算式で表します。 「法定相続人」とは、相続する権利を持つ子ども等が該当しますが、ここに養子縁組によって子どもとなった人も含まれます。


養子自体は民法上要件を満たせば、何人とっても結構ですが、 実際に血のつながったお子さんがいらっしゃる場合は、ここの効果は600万円が限度です。  


とはいえ、養子とれば600万円は課税されなくなります。これ自体は否定しません。

何がそんなに不安なんですか?  


養子をとってしまうと養子になった方は分割協議にも通常は参加しますので、もともとの子ども1人あたりの相続分は減ってしまいます。


なによりも争いが起きないように注意する必要があるのです。  



お孫さんや義理の息子さん義理の娘さんを養子にとっても良いのですが、「こういったケースですら、“養子とってそれだけ”では、思いのほか揉めます!!」



  ご親族だからこそ


・兄弟げんかの延長で財産たくさんもらいにいったり。



・養子になってラッキーだからついでにもらえるだけもらっちゃおう。  


という考えの方は一定数います。  


養子をとるのであれば、親族会議レベルの話し合いと、遺言の作成。 このあたりは外せませんので、本当に将来まで考えるのであれば、別に簡単な方法では全然ありません!!

「生前対策」

いろいろな言い方がありますが、

「相続税対策」。税金だけを考えるのではなく、

「相続対策」。残される親族全体と、人生最後までしっかり「家族」であることを大切にして欲しいと思っています。


お困りの際はお近くの税理士さんもしくは

相模原市中央区の税理士。梨井俊税理士事務所へ。

NEW

  • 相続・副業サポートの梨井俊税理士事務所

    query_builder 2020/10/09
  • 「取引相場のない株式」って?おしえて相続の先生⑪

    query_builder 2020/11/02
  • 自分でやりたい生前対策・相続対策:追記~現金を残すこと。

    query_builder 2020/10/22
  • 相続サポートブログをはじめた理由⑤

    query_builder 2020/10/06
  • 相続サポートブログをはじめた理由④

    query_builder 2020/10/05

CATEGORY

ARCHIVE